ご葬儀の流れ

ご葬儀における様々な手順や、喪主として行う事柄を各場面ごとにまとめてご説明いたします。
一般的なご葬儀の流れを頭に入れておくことにより、次に何をすべきか理解できるので安心です。

ご葬儀の流れ 2018-05-03T21:02:05+00:00

1.ご心配な方がおられたら…

ご連絡をいただきましたら、専門のスタッフが24時間待機しておりますので、お時間を気にせずにご相談ください。また、お電話でのご相談はもちろんですが、直接お会いして詳しい内容までお打合せすることもできます。弊社でのお打合わせの他に、ご自宅への出張相談も承っております。お気軽にご相談くださいませ。

2.お亡くなりになられたら…

お電話一本ですぐにお迎えに伺います。24時間365日対応しておりますのでご安心ください。病院、または亡くなられた場所まで、寝台車でお迎えにあがります。

3.ご安置

ご自宅か、霊安室に故人様をご安置いたします。ご自宅の場合はドラアイスにて、お通夜当日までお守りいたします。霊安室の場合は、低温設備でのご安置となります。

4.お打ち合わせ

通夜・葬儀の日時と式場を決定する他、形式・宗旨・葬儀内容を決定します。

5.ご納棺の儀

通常は、お通夜当日に近しいご親戚にお集まりいただき、故人様をお棺へとご納棺 いたします。
(ご遺体の状況によっては、早めにご納棺をさせていただく場合もございます)

6.お通夜

ご納棺の後は、宗教者のもとお通夜を執り行います。お通夜の儀式が終わった後は、お食事をご用意し、故人を偲ぶお席を設けるのが一般的です。また最近では、ご弔問の方が主に参列されるのはお通夜の日が多いです。

7.告別式・初七日

お通夜の翌日、告別式を行います。お寺さまの読経の後、お集まり頂いた皆さまにお花を手向けていただきます。お式の中で、喪主挨拶や、弔電の拝読などを行います。また、最近は、葬儀の読経の後に、続けて初七日を行うケースがほとんどです。

8.ご出棺・火葬・収骨

お位牌、お写真を家族でお持ちいただき、霊柩車にて火葬場へ向かいます。

9.葬儀後のお手続き等

ご葬儀が終わると様々な手続きが必要となります。代表的な手続きとしては、年金を停止する手続き・健康保険の葬祭費の申請や、預貯金・不動産などの名義変更など相続に関わる手続き、電気・ガス・水道などの名義変更など多岐にわたります。
手続きに関しては、スタッフがご葬儀が終わり、落ち着いた頃なるべく分かりやすく丁寧にご説明をさせて頂きます。専門家が必要な場合はご紹介もできますのでご安心ください。